エンマンエアコンエロホンエジソン    

発表が終ったので録画物をずざざざっと観ました。1週間も経ってないのに多すぎです。週末ちゃんと観たのはMotoGPぐらいです。(スマ関係無し)
あーロッシかっけー。

そんな訳で本題(?)のドラマなのですが。(ツッコミ許せない方は避けて下さい)




あれですね。木村さんのドラマを観て面白い思うと「私だけかこれ?」と不安になりますね。もう元の期待が低すぎるだけなんじゃなかろうかと。(苦笑)
でも色々回ったら皆さん結構楽しまれたようでよかったです。
そして溢れる「予想よりかは」「不安だったけど」の声。あはははは。

まあ演技にいつもと大きな違いがあった訳ではないと思うのですが(でも小さな違いはあったと思うの)、ならば何故楽しめたかというと「お馬鹿だったから」の一言に尽きます。時間あったら何回「馬鹿」言われたか数えるとこです。(必要なし) (あれ?役名は陣内次郎でよかったんですっけ?>norhajさん)
このまま下手に格好いいキャラになったりしないといい。つうかもっとアホでいい。あのグラサンは外すといい。(あっ) 
大きな不満はヒロインのキャラと急にドキュメンタリーになったのかと思った実際の映像。CM明け別シーンになってた時には「ねえ今の普通に要らないよね?」と素でツッコンだんですが。どうなのあれ。
んでヒロインは高島礼子でいいじゃなーい。
堺さんは『ドラマ・ツアーズ』のパフェ食べてた姿が可愛くて堪らなかったです。眼が離せない。

順番逆ですが「いいとも」(月) スマップ新曲『コココの鏡』。かみんぐすーん。
肉弁当かぶった時はもうなんて言うか。。。笑いすぎで腹痛いんだけどそれ以上にすま全員の時とはまた違う各コンビ独特の空気やら間やらが嬉しくて。あああライブ行きてーー。(中居さん、それはそろそろ青い封筒が届くと思ってもいいんですか?<サムガ)

サムガはなー。花を望むのをファンじゃなく「世間」と言ったのが、嬉しいやら切ないやら。
中居さん好きな理由は多々ありますが、(すま)曲の好みが近いというのはやっぱりでかいなと思いました。


雑誌は悩んだ末にやっぱり買った『あんあん』。
V12に関しては本当に様々な意見があると思うのですが、個人的には殿堂入りにして欲しいです。
これは私的見解という意味ではなく本当にもっと個人的なことで、ぶっちゃけ
「この時期に必要があってサイト色々(主に授業関係)回ると思わぬところで予想外に激しいアンチ意見目にしてキッツイです」
ということです。(何言われても1位でいることの快感も少しはあるのですが)

木村さんに限らずスマップ批判されてない時がないと思うので人には「慣れるよね」言ってますし自分でも多少はそう思っているのですが・・・慣れるわけないわな。
「ネットの場、情報化社会では見る側の取捨選択・自己責任」という意見に基本的には賛成なのですが、検索でいって予期も回避も出来ずに目にすると
「嫌いなことについて書くなとは思わんけど注意書きぐらいは付けてくれ。。。」と思います。スマファンどこにいるか分からんよ。


ここからちょっと真面目な話なので隠しますが、
私がブログを始めようと思った時に自分の中で幾つか決めたことがありまして(そこまで明確にではなくなんとなくですが)、その中の1つが
「嫌いなものについては極力書かないようにしよう」
ということでした。それは身内で話してればいいので。
その代わり好きなもの(すまとサッカー)に関わることでの意見や批判は遠慮・我慢をしないようにしようと。スタッフムカついたら我慢は出来んしライバルチームの応援なんて出来るわけもなし。(特にする必要も感じませんが)
好きなら何書いてもいいのかと言われるとあれなのですが、それこそ個人の裁量ではないかと。個人的にファンの方の意見であれば自分とどれだけ違かろうとどれだけナナメであろうと平気なので、結局は自分基準です。
ですが勿論人によって好きの形や感情は様々なので、それで最低限注意書きを付けること、隠すことを決めました。

今更なのですが1度書いといた方がいいかと思っていたので。以前「いちいち注意ついてたり隠してあってウザい」言われたことがあるのですが、これでお返事になったでしょうか。(もう見てないよ)


という訳で最初で最後かもしれん真面目な話終了。
『スマスマ』は未見。早く『シンゴロナサへ行く-どうしちゃったの吾郎ちゃん-』が観たいー。予告だけで涙出てきたんで実際観たら号泣ですよきっと。笑いすぎで。

76ersプレーオフ進出
よ、良かった。
私的ギリギリな人達(バレンシアリバポモナコ)(ポイントはギリギリアウトなところ)の中で1抜けです。マジ頑張れプレーオフ!7位がなんじゃー!

[PR]

by MiyuT_21 | 2005-04-19 22:35 | smap

<< 正しい休日の過ごし方 夜が明ける >>