買って来た!(追記済)(恐ろしく長いです)   

なんだこの馬鹿にしたポスター。

これから観ます。なんだかんだ言っても超楽しみ。

ここから追記

観た!
珍しくDisc1から順番に観たのですが、本編は最後のキャンストに全て持っていかれ、 特典は案の定あの平坦なリズムで喋る男に持っていかれました。
特にキャンストはすごかった。あんなキラキラした人達にあんなキラキラした歌を歌われてもうどうしろと。嘘みたいにキラキラした幸せな空間だった。あれを作り出せるメンバーもファンも本当にすごい。がっちがちの涙腺が揺さぶられるぜおい。
そんななんでそれ以上何か言うのもあれなのですが、今日休みだったのもありもう1回今度は少し落ち着いて観られたので感想を吐き出しときます。ネタバレです。



まず一言。
ついにビクターが学習したよ!あの学習能力がないんじゃとまで言われていたビクターがついについに学習を!
まだ時折イラっとくるところはあるものの、ドリスマやMIJと比べれば雲泥の差です。
友人からは「花の時うざいよ」というメールがきましたが、私花の時はいいんだ何でも。うん(察してください)(でも大丈夫なんだ今回と思えたのはDisc1終る頃です)。
あのジャンクション最後に持ってったのも正解だと思います。つうかやっぱいらないよあれ(小声)。

次いでもう一言。木村さんがやばい美人。
私横浜コンサ後「あの人は近くに来るとフラッシュを発する」とか阿呆なことを言っていたのですが、これで錯覚じゃないことが証明されました。ただし間違っていたのは「近くにくると」とか「終り近くになると」とかではなかったということです。あの人3時間半放ちっぱなし。ああもう眩しい。

細かいところ
『Disc1』
・OPの偉そうな中居さんに崩れ落ちる。あんなゲートくぐっていたことを始めて知ってびっくり。
・そして激しい踊りっぷりにびっくり。これまた横浜後に冗談で言ってた「国立までのリハかい」が一気に現実味を帯びました。え、今更ですか?
・バンバカ最高。この間静かーなところで微妙な空気巻き散らしていたのと同じ曲とは思えません。ああきらきら。
・木村拓哉がやばい木村拓哉がやばいきむ(以下略)。
・慎吾は今よりほそいなー(はっはー)。
・えおの振りはあんな可愛かったんですね。
・キラキラソロで初めて「ちょっと何いい曲!?」と思いました。落ち着け自分多分気のせいだ(失礼)(お好きな方すみません)。
・この後剛ソロっていうのも素敵な順番だと思います。ジャンクションないと色の違いがはっきりわかっていい。
・Dawnやっぱりいいなー。
・ファインピースはバックダンサーのどっかに中居吾郎がいないか探してみる(いません)。
・やっぱあそこでオレンジはいらなかったと思うのです。
・慎吾ソロは腹が気になって気になって。
・海賊メドレーかっけー。が、あの迫力はやっぱり生じゃないと伝わらないよなあと思いました。早くライブ行きたいなぁ。
・行きたいといえばあの方の舞台。私の人生3大後悔のうちの1つが『蒲田行進曲』に行かれなかったことなので絶対に行きたいのですが、全くとれる気がしませんよ。
・話がずれました。あれ、私ファイブリスペクトとばした?(また言ってる)

『Disc2』
・今更ですが吾郎ちゃんのソロは慎吾のソロと対極ですね。白と黒。
・いやあ中居ソロのCGが全部じゃなくて本当によかった(爽やかに)。
あの決して華奢というのではない綺麗に筋肉のついた腕だの太ももだのが素敵だと思うのです(変態くさい)。
・クイズの女王の吾郎ちゃんは可愛すぎると思うのです。
・レリビからはもう楽しくて楽しくて。ただ上にあるイラっとくるところの大部分はダンディーダーリンにあります。中居ファンとして最もぎゃーーっと叫んだあの大サビで!大サビで!!
・アンコールの中居さんの衣装が不満です。何度でも言います不満です。
・うわっついに「しぃー」を観た!
・剛の「見えてるよ」がすごく好き。
・さぁどのボタン押すとカンシャが出てくるのかな!(出てきません)
・乙女が!乙女が!
・あぁぁぁぁ楽しーーー。しーあーわーせーーー。

本編終了。いやぁ楽しかった。
ライブ自体の印象が薄かった為細かい発見が多かったというのも確かにありますが、よくできてます。DVDをこんなに純粋に楽しんだのはもしかするとバードマン以来かもしれません。だってきらきらしてたよ。

『特典映像』
自分で自分が大変痛々しいのですが、中居さんの「準備が絶対、絶対的に大事ですね」という言葉を聞いた時、その表情と声音と内容に、「もう自分の目に中居正広以上に格好よく映る人間は一生現れないだろう」と本気で思いました。嫌だそんな人生いや嫌じゃない(どっちだ)。
でもしょうがないあの人男前過ぎる。まあそれでも来年の年明けにはまた「今年こそ中居から解放されたい」と祈るけどね!(ちょう悪あがき)(何年目ですか…)
あと剛のインタの時の服が素敵でした。いいなーあの色似合うなぁ。
実を言うと特典映像のつくり自体は決して好みではないです。これは内容ではなく(でもMCはもっと観たかった…)ただ繋ぎ方が肌に合わないという。なので正直入っていき辛いところもありました。
が、もうそんなん越えてすまっぷさんがいい。正直すぎる木村さんの意見がちゃんと入ってるのもやってる時は最高に楽しいっていうのが伝わってくるのも嬉しい。昔のスマップ=バスからライブ=待合せ場所となったのに色々な変化を感じたけれど決して寂しかったり悪い気持ちにはならなかったです。なんか我ながらとっても乙女な感想ですね!

あと曲目リストの裏の国立俯瞰。これがポスターじゃなくてよかったよかった冗談が現実になるところだったぜ(ぜっていうな)(チャットネタ)。

[PR]

by MIyuT_21 | 2005-12-13 17:21 | smap

<< 嬉驚羨悔 過ぎた事は忘れるその感じは嫌い... >>