一足早いクリスマスプレゼント   

しっかりと頂きました。
ありがとう小田さん。ありがとう小田さんファン。ついでにありがとう金スマスタッフ。
そんでもってありがとう中居正広。



あーーよかった。もう1回観たいけど何故か観直せない。それくらいによかった。中居さんの歌が大好きさああ大好きさ!悪いかこら!(1人切れ)

「歌は上手い下手じゃない」という意見には「いや上手いにこしたことないだろ」と思いますし、中居正広の歌をお世辞でも上手いとは言えないのですが、そんなん越えてものすごく真っ直ぐに伝わってきます。何を隠そう単体に落ちたのはアイオンでのマイチャです(いらない告白)。

「武器を持ってないと不安」という考え方は解るし嫌いではないのですが、最近は「もう1回飛び込んでみーや」と思っていたのも事実なので、それに対して「身一つで」と返してくれる、「ぼろ負けでいいやって気持ちで来て欲しい。絶対出て良かったと思うから」と(直接ではないですが)言ってくれる人がいてくれてとても嬉しい。中居さんは本当人運*がいいなぁ。そういう星の元なんかなぁ。

でも今回のこれも雑誌かなんかでも言ってた「少しずつ変化してきた歌への姿勢」があったからだと思います。歌下手ネタが浸透してからで思い出されるのがラブラブのチェインギャングと金スマでの綾戸さんとの花なんですが、そういうのを経て、歌と向き合うとまではいかなくても、悪くはないかもとは思えるようになったのではないかと。元々歌うこと自体はすごく好きなんだなこの人とは思うので。
前奏の間に瞬時にして変わる表情と歌い終った後のほっとした顔があって、その後で「気持ちがよかった」「たくさん嬉しかった」という言葉が出てきたのなら、これでまた変わっていくのではないかと思いました。時間はかかるかもしれませんが。でも期待。

しかし私どれだけ中居正広が好きなんでしょう。12月24日にちょっと語りすぎじゃないでしょうか。
我に返るな我に(呪文)。

その他にも「中居正広に被さってるもの剥がすには確かに追い込むのが1番だよね」とか「素のままでなら「出てきた後一言も喋るな」って言うのが更によい作戦だったんではないでしょうか」とか「いやあ本当に綺麗な顔ねー綺麗なおでこねー(in控え室)(なんじゃあのピン可愛いんだよ!)」とか色々思いはしたのですが、最後まで観ちゃうと乙女モードにならざるを得ないような感じで。。ああ負けている。。。
後本編の方の途中で友人に「私は何故に緊張しているのでしょう」とメールをしたら「わたしはこの番組じゃなくても中居くんが歌う時は緊張するよ」と返って来て面白かったです。スマオタじゃないのに!中居マジック!

Mステはおっちゃんらの久しぶりに狭いとこで歌ってキャーキャー言われて楽しくなっちゃった感が伝わってきてよかったです。友人から「映ってないところでの中居吾郎木村のファンサがよかった」との報告がありましたが、なかなか意外な組み合わせです。可愛い子でもいたんか?(酷)


姉がクリスマスと正月を過ごす為にオーストラリアに行ってしまったのでつまらない。というか大掃除が大変そう(本音)。
向こうの子供たちへのクリスマスプレゼントにハリポタのDVD買っていきましたが、それ持ってるんじゃないかと思うんだお姉さま。ハヤオミヤザキが高いのは解るんだけどね。どうなのその賭けみたいなプレゼント。。。
オーストラリアでどれだけ「トゥー・ゼロ~」「スリー・ゼロ~」言われてくるのか楽しみです。土産はきゅーちゃん人形でいいよ(あるのかそんなん)。

*こういう言い方があるのかどうかは知りません。

[PR]

by MIyuT_21 | 2005-12-24 03:54 | smap

<< 食べ過ぎで苦しい 年末年始番組メモ① >>